ハーモニアス・タロットカードの美しい絵柄を写真付きで徹底解説

ハーモニアス・タロットカードの美しい絵柄を写真付きで徹底解説

タロット占い養成講座

こんにちは。タロットファン.jp 室井です。

今回は、ビクトリアン調の美しい絵柄が人気の、ハーモニアス・タロットをご紹介します。

とても綺麗なタロットなのですが、「知る人ぞ知るタロット」という所があるので、より多くの人に知ってもらえるように特集にしてみました。

ハーモニアスの持つ世界観が伝わるよう、たくさんの写真をメインに解説していきますので、絵本のような美しいタロットカードの世界をじっくりお楽しみください。

ハーモニアス・タロットカード
※今回紹介するハーモニアス・タロット

 


プロの占い師も愛用するタロットカードセット
タロットカードマスターセット

ハーモニアス・タロットと作者の紹介

ハーモニアス・タロットと作者の紹介

それではまず最初に、ハーモニアス・タロットとはどのようなカードか、基本的な情報から解説していきます。

 

ハーモニアス・タロットとは

ハーモニアス・タロットは、イギリスの芸術家である「Walter Crane-ウォルター・クレイン」のイラストに、スピリチュアルやロマンスの要素を加えて作られました。

このハーモニアス・タロットは、一般的なマルセイユ版のタロットカードとなりますが、小アルカナにも美しい挿絵が描かれているのが特徴的です。

ウォルター・クレインは、絵本の挿絵なども手掛けていたアーティストで、このハーモニアスタロットも、どこか絵本のような独特の雰囲気があります。

ヴィクトリアン調の優雅さのあるデザインは、細部まで繊細に描かれており、優しい色彩がとても美しいタロットカードです。

 

Walter Crane-ウォルター・クレイン

ハーモニアスタロットのイラストを描いたウォルター・クレイン(Walter Crane)は、19世紀後半から20世紀にかけて活躍したイギリスの芸術家です。

多くの本の挿絵を手掛けたことが有名ですが、絵画やイラストだけでなく、ステンドグラスや陶器、壁紙や織物など、様々なデザインを手掛けました。

また、代表的な作品となった『カエルの王子さま』(1874年)から始まるシリーズは、画面構成や平塗りなど、日本の浮世絵の影響も受けていたようです。

彼は社会主義活動に参加することで、芸術を一般社会まで浸透させようと取り組み、自身が設立したアーツ・アンド・クラフツ展示協会のために精力的に活動しました。

ハーモニアスタロットの作者 ウォルタークレイン  ウォルタークレイン作画:カエルの王子さま
Wikipedia引用:ウォルター・クレインと代表作の「カエルの王子さま」

 

タロットの本場、北イタリアのタロットカード
タロットカード発祥の地 北イタリアトリノ

22枚の大アルカナカードの写真

22枚の大アルカナカードの写真

それでは早速、ハーモニアスタロットカードをご紹介していきます。まずは22枚の大アルカナカードの写真から。

 

大アルカナ0~10の解説

ハーモニアスタロットは、絵柄の描写がとても細かいです。

そんなに細かく書くの!?と思うくらい細部まで描かれ、色合いの優しさも相まって、とても美しいタロットカードとなっています。

ハーモニアス・タロットカード 大アルカナ0~10
※ハーモニアス・タロットカードの大アルカナ 左上から0~10

 

◆繊細で美しい「3:女帝」のカード

女帝のカードは、ハーモニアスの中でも特に細かく描かれています。女帝や天使もそうですが、植物の描写がすごく細かいです。

ハーモニアス・タロットカード 3番 女帝のカード
※ハーモニアス・タロットカードの大アルカナ 3番の女帝のカード

 

大アルカナ11~21の解説

それぞれの大アルカナカードの持つ意味や象徴を取り入れている感じもありますが、オリジナリティのある絵柄のカードも多い印象です。

ちょっと見にくいかもしれませんが、15=悪魔のカードでは、悪魔らしき存在が猫に乗ってますよ。

 ハーモニアス・タロットカード 大アルカナ11~21
※ハーモニアス・タロットカードの大アルカナ 左上から11~21

 

◆マルセイユ版の「11:力」のカード

ハーモニアスタロットはマルセイユ版なので、8番=正義11番=力のカードになっています。

騎士がドラゴンを倒している図柄が描かれていて、とても勇ましいですね。

ハーモニアス・タロットカード 11番 力のカード
※ハーモニアス・タロットカードの大アルカナ 11番の力のカード

 

北イタリアのスカラベオ社製の美しいクロスと上品なポーチ
タロットクロスとポーチのセットです。

56枚の小アルカナカードの写真

56枚の小アルカナカードの写真

続いては56枚の小アルカナカードです。小アルカナは、カップワンドペンタクルソードのそれぞれのスートごとに写真を載せていきます。

 

小アルカナ<カップ:聖杯>の解説

◆カップの1~10

伝統的なマルセイユタロットカードでは、小アルカナの数札には人物は描かれていませんが、ハーモニアスタロットでは、全てのカードの絵柄に人物が描かれています

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ カップの1~10
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ 左上からカップの1~10

 

◆カップのペイジ・ナイト・クイーン・キング

カップの絵札では、それぞれ持っているカップのデザインが違いますね。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ カップの絵札
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ カップの絵札

 

小アルカナ<ワンド:棒>の解説

◆ワンドの1~10

ハーモニアスらしい美しい絵柄で、オリジナリティのあるデザインですが、どことなくライダーウェイトタロットに似ている部分があります。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ワンドの1~10
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ 左上からワンドの1~10

 

◆ワンドのペイジ・ナイト・クイーン・キング

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ワンドの絵札
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ ワンドの絵札

 

小アルカナ<ペンタクル:金貨>の解説

◆ペンタクルの1~10

多くのタロットカードでは、ペンタクルのカードで描かれる金貨の絵柄は統一されていますが、ハーモニアスタロットでは、金貨のデザインが3種類描かれているのが特徴的です。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ペンタクルの1~10
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ 左上からペンタクルの1~10

 

◆ペンタクルのペイジ・ナイト・クイーン・キング

ハーモニアスタロットは馬まで美しい衣装を着ていますね。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ペンタクルの絵札
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ ペンタクルの絵札

 

小アルカナ<ソード:剣>の解説

◆ソードの1~10

パッと見ただけでソードの3に描かれた赤いハートに目が行きますね。ハートに3本の剣が突き刺さっている絵柄は、ライダーウェイトタロットでも描かれているデザインです。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ソードの1~10
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ 左上からソードの1~10

 

◆ソードのペイジ・ナイト・クイーン・キング

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ソードの絵札
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ ソードの絵札

 

一人で悩んでしまうなら、プロのネット鑑定で占ってもらおう!

タロット占い メール鑑定

定番のタロットカードとの絵柄の比較

定番のタロットカードとの絵柄の比較

ハーモニアスタロットカードの何枚かを、定番のタロット・オブ・マルセイユライダーウェイトタロットの写真と比較してみます。

それぞれどんな違いがあるか、見比べてみてください。

 

大アルカナの絵柄の比較

大アルカナは、伝統的なマルセイユ版タロットカードの絵柄で描かれている「タロット・オブ・マルセイユ」と比較してみます。

 

◆大アルカナ 0=愚者

愚者のカードは結構似ていますね。細かい部分はいろいろ違いますが、崖に立つ人物という図柄は同じです。

マルセイユタロットとハーモニアスタロットの比較 0番 愚者のカード
※0=愚者のカードの比較 左:タロットオブマルセイユ 右:ハーモニアスタロット

 

◆大アルカナ 2=女教皇

このカードはパッと見では分かりにくいですが、美しい花や佇まいを見ていると、女教皇の持つ「神秘性」や「穏やかさ」という意味や、受動的な雰囲気も感じられます。

マルセイユタロットとハーモニアスタロットの比較 2番 女教皇のカード
※2=女教皇のカードの比較 左:タロットオブマルセイユ 右:ハーモニアス・タロット

 

◆大アルカナ 21=世界

世界のカードは、中央の女性や四隅の天使や獅子などもしっかり描かれていて、絵柄は違っても構成はほとんど同じですよね。

マルセイユタロットとハーモニアスタロットの比較 21番 世界のカード  
※21=世界のカードの比較 左:タロットオブマルセイユ 右:ハーモニアスタロット

 

小アルカナの絵柄の比較

◎ライダーウェイトタロットカードとの比較

ライダーウェイトタロット」と比べてみると、ぱっと見では全然似ていませんが、よく見ると、ところどころ似ている部分があるのが分かると思います。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ ワンドの1~10
※ハーモニアス・タロットカードの小アルカナ 左上からワンドの1~10

ライダーウェイト・タロットカードの小アルカナ ワンドの1~10
※ライダーウェイト・タロットカードの小アルカナ 左上からワンドの1~10

 

◎伝統的なマルセイユ版タロットカードとの比較

伝統的な絵柄の「タロット・オブ・マルセイユ」では、このようにカップだけが描かれています。同じマルセイユ版でも、雰囲気が全然違っていますね。

伝統的でシンプルな絵柄も美しいですが、アーティスティックなハーモニアスも違った美しさと魅力があります。

ハーモニアス・タロットカード 小アルカナ カップの1~10
※ハーモニアス・タロットの小アルカナ 左上からカップの1~10

タロット・オブ・マルセイユの小アルカナ カップ1~10
※タロット・オブ・マルセイユの小アルカナ 左上からカップの1~10

 

タロット占いに必要な全てが揃う初心者に人気のタロットセット
初心者におすすめのタロットカードマスターセットを詳しく解説

ハーモニアス・タロットを実際に使った感想

ハーモニアス・タロットを実際に使った感想

ここからは、実際のタロット占いにハーモニアス・タロットカードを使う上で、意味や解釈の読み取りやすさなど、個人的に感じたことを紹介します。

 

実際のカードの使いやすさは?

ハーモニアス・タロットを実際に見たときの最初の印象としては、絵柄から何のカードか判断しにくいかもしれないと感じました。

ですから、タロット占いが全くの初心者という方よりは、あるていど経験されている人の方が向いているかと思います。

ただ、自由度の高いマルセイユ版の中には、もっと分かりにくいタロットもたくさんあるので、それに比べれば、まだこのハーモニアスは扱いやすい方でしょう。

カードに番号が書いてありますし、使っているとどれが何のカードかちゃんと分かるので、慣れるのにさほど時間はかかりません。

 

占いに使ってみた感想

あくまで個人的な感想ですが、マルセイユタロットのように、色や絵柄のハッキリとした力強い印象のカードは、結果もハッキリと感じ取れる気がします。

ですがハーモニアスは、絵の雰囲気と同じように、結果もどこか穏やかに感じられるようです

タロットは怖いという人もいますが、ハーモニアスタロットでは、怖いというより神秘的な印象を受けます。

美しい絵本を読んでいるような、ちょっと独特の空気感があるカードなので、ゆっくり、じっくりと向かい合って行きたいような、そんなタロットカードです。

 

ハーモニアス・タロットカード

・正式名称:HARMONIOUS TAROT
・カード仕様:マルセイユ版
・カード構成:大アルカナ22枚/小アルカナ56枚
・カードサイズ:120×66 [mm]

 

このサイトで利用しているタロット関連グッズ

■初心者でもすぐに始められる定番のタロットカードと解説書のセットです。

手軽に始めたい初心者さんはこちら↓
タロット入門セット
このセットなら全て揃います↓
タロットマスターセット
プロを目指すならこのアイテム↓
本格タロット占いスペシャルセット

■タロットの本場、北イタリアのトリノにある「ロ・スカラベオ社」のタロット関連グッズ

タロットカード一覧
タロットカード
タロットクロス一覧
タロットクロス
タロットポーチ一覧
タロットポーチ

■プロのタロット占い師やセラピストが利用する浄化アイテム

タロットカード浄化用ホワイトセージ
ホワイトセージ
空間を浄するクリスタルチューナー
クリスタルチューナー

 

プロの占い師が利用するイタリア製のタロットカードランキング
タロットカードランキングTOP15